FC2ブログ

La vita e bella

神戸に住む一姫二太郎&コーギーのママ☆育児・愛犬・グルメ・おでかけ記など私のハッピーライフを綴ってます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入院中のあれこれ☆

手術翌日は、
絶飲絶食寝たきり生活でした。
この日の記憶はほとんどありません。

後陣痛か傷口なのかわからないけど、とにかく下腹部が痛く、
寝返りすらうてず、枕元にナースコールや携帯、リモコン、ティッシュなど
必要なものを囲んで、ひたすら寝てテレビ見ていたような気がします。

後悔したのが、
出産前に風邪をひいてしまったこと。
そのまま治らず手術を迎えてしまい、
術後咳が出るたびにお腹に激痛が!!

あと、笑うのも痛く、
気が緩んでうっかり笑うとまた激痛が!!

体が動かせないので、助産師さんが体をふいてくれたり、
歯磨きのサポートをしてもらったり、
介護される気持ちがわかりました。

でも食欲だけはあって、絶飲絶食が辛かったです。
クリスマスイヴだったので、
ダーリンからチキンの写真が送られてきたしー!
先生にお腹を診察してくださったのですが、
「グーグーなってる」と笑われました(笑)

RUUは新生児室にあずかってもらい、
授乳の時だけ連れて来てもらいました。
この世に出て来たばかりにもかかわらず、
一生懸命飲んでくれて、
久しぶりの授乳に懐かしいのと愛おしい気持ちがわきました。


術後二日目。
朝はおかゆだけど、やっと食にありつけることができました。
産後の入院用お部屋に引っ越しをし、
術後始めての歩行&トイレへ。
腰をまげて一歩ずつ歩くも痛くてヨボヨボでした。


術後三日目からは、
シャワーを浴びれるようになり、
ダイニングで他に出産された方と食事ができるようになりました。

一日ずつ回復してるのを感じ、
しっかり歩いて身の回りのことをできるようになってきたけれど、
下腹部痛、腰痛、胸の張り、足のむくみなど、痛いところだらけでした。
自然分娩でもあちこちの痛みは伴いますが、
帝王切開の方が産後の回復が遅く、入院期間が長いのも納得です。


さて、私が入院中の10日間、
ママと離れて頑張ってくれたCOCO&ウラン。

ダーリン一人でお世話は大丈夫なのか・・・
私の中では出産より心配でした(笑)

そんな入院中の生活も残しておきます☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


入院前日ダーリンに、
COCO&ウランの一日のスケジュール・注意事項・お願い事などを
書いたものを渡しました。
・・が、ほとんど見てなかったようです(笑)

それでもよく頑張ってくれました。
普段からお風呂や歯磨きなどは手伝ってくれていますが、
COCOの髪をくくったり、服を選んだりという
慣れないこともしてくれました。
ただでさえ一日過ごすのは疲れるのに、
すべて一人でこなすのは大変だったと思います。
ダーリンには本当に感謝です。


入院生活初日、
朝から公園へCOCO&ウランを連れてってくれました。
1312004.jpg

1312005.jpg

1312006.jpg

1312233image.jpeg

手術前でしたが、
楽しそうに遊んでる写真が送られてきて、ほっこり。

しかし、アイス食べてる写真を見たかと思うと、
ランチに甘そうなドーナツを食べてる写真が・・・
さらに翌日もアイス食べてる写真・・・
朝ご飯はパンだし、夜はピザだったり・・・

ちょっとちょっとー!!!!
まぁクリスマスは仕方がないとして、
渡した紙には、白米と野菜を中心に食べさせることを書いていたのにー!
この10日間で虫歯&肥満になるんじゃないかと、不安が募りました・・・


クリスマスはショッピングモールへ。
(なぜか写真の向きを変えれず、横向きですみません)
1312242image.jpeg

ママはいなくても、
ちゃんとサンタさんは来てくれたようです。

COCOには、大好きなマリーちゃんのぬいぐるみ
1312251image.jpeg

目が覚めたら枕もとにマリーちゃんがいて、感激したそうです。

病院にもマリーちゃんを連れてきて、
「サンタさんにマリーちゃんをもらった」と興奮しながら話してくれました。
小さなケーキを買ってきてもらい、
ささやかながらクリスマスのお祝いを一緒にしました。
1312003.jpg

ウランには、ワンワイン・チーズケーキ・おもちゃ
ワインとケーキは一瞬でたいらげたようです(笑)
1312243.jpeg

1312252image.jpeg
二人のリアクションをリアルに見れなくて残念でしたが、
ハッピーなクリスマスになったようで良かったです。


入院三日目、スクールが同じで一番仲良しのお友達が
面会に来てくれました。
COCOはRUUよりお友達に会えたのが嬉しかったようで大興奮!(笑)

スクールは冬休みということもあり、
我が家の家庭環境も理解してくれているお友達の厚意に甘えて、
その夜COCOはお友達の家にお泊まりすることになりました。
COCOだけ一人でどこかにお泊まりするのはもちろん初めてのこと!
不安と申し訳ない気持ちがありましたが、
毎日のように一緒にいるお友達だし、
お友達のママにもパパにも懐いているので甘えさせてもらいました。

さらに厚かましく、
次の日は一日預かってもらったうえにまたまたお泊まり。
COCOにパパとおうちに帰るか、お友達の家に泊まるか聞いたら、
「お友達の家」と答えました(笑)

お友達は随時写真付きで状況報告をしてくれて、
とても楽しく過ごしていたようで安心しました。
ダーリンもCOCOがいない間、仕事や家事もできたので助かりました。

お友達の家にて☆
2013122719510000.jpg

2013122819090000.jpg

1401112image.jpeg

1401113image.jpeg

お友達は帰省前にもかかわらず、
結局三日間もお世話になり、
おかずの差し入れまでしてくれて、
本当に良くしてもらって感謝してもしきれません!!


COCOが帰ってきたら、
長かった入院生活も残り二日になっていました。
最後の日は、姉と姪っ子が面会にきてくれました。
1312002.jpg

1312001.jpg
姪っ子はもうすぐ小学生ということもあって、
しっかりお姉ちゃんをしてくれていました。
COCOも姪っ子に遊んでもらい、お別れは名残惜しそうでした。
またゆっくり遊んでもらおうね。


そんなこんなで、大晦日にやっと退院。
その頃には私もしっかり歩けるまで回復していました。
身体はしんどいのと、ダーリンたちの生活への不安はあったけれど、
病院の食事はものすごいごちそうで美味しく、
助産師さんによくしてもらい、快適な入院生活でした。

今回の出産は、
たくさんの人に助けてもらって乗り越えることができたと感じています。
本当に感謝です!!
スポンサーサイト

| 出産 | 12:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。